カンクンのタクシー


カンクンのホテルゾーンや市内を走るタクシーは、白い車体に緑のラインが入っているものがそうです。

 

カンクンは電車や地下鉄などの公共機関がないので、市民の足は主に車、バス、タクシーです。

なのでタクシーは日本よりも誰もが気軽に利用しています。

 

 

一番多く走っている車種はわれわれ日本のメーカー((`・∀・´)エッヘン!!)のNISSAN(日産)のTSURUツルです!

 

 

そう、あの「鶴」から取った名前でしょうが、メキシコ人にはTSURUといえば、鳥ではなくこのセダンです。笑

 

Resultado de imagen para 鶴 イラスト 無料

 

 

 

 

この車種は低価格で耐久性に優れ、しかも日本車とくるのでタクシーにもかなり人気の車で、本当にメキシコで愛されています。

 

 

(※メキシコのTSURUは今年2017年の5月に生産終了となるようです!約30年にもわたりメキシコで好評で年間240万台強の販売台数を出してたそうです!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カンクン周辺のタクシーは、日本のようにいくつかのタクシー会社があるのではなく、Sindicato de Taxista(タクシー組合)のみになり、カンクン、イスラ・ムヘーレス、プラヤデルカルメン、トゥルムなど、それぞれのエリアによって組合が分かれ、タクシーの色も分かれます。

イスラ・ムヘーレス(ムヘーレス島)のタクシー。

カンクンと繋がっているプラヤ・ムヘーレスもこの管轄です。

プラヤデルカルメンのタクシー。

カンクンのタクシーと似ていますが、色のトーンが微妙に違いエメラルドグリーン?青緑?になっています。


空港タクシーとの違い

注意したいのはこれらのタクシーは空港タクシーとは違います。

空港でお客を拾う車は特別な許可が必要で、これらのタクシーは入れません。

 

 

空港でチケットを売っているタクシーはタクシー組合のものとは別になります。

タクシーの料金

カンクンのホテルゾーンや市内を走っている上の写真のタクシーを含め、メキシコのタクシーにはメーターがありません。

 

大体の相場があるので、乗る前に確認してみましょう。(おおざっぱでスミマセン・・)

 

意外に(?)みんな正直に値段を言ってくれますので、

値切りは必要ないかと思います。

 

ドライバーにいわれる料金はペソの料金なので、ドルとお間違いなく!

 

 

 

ただしお釣りを持っていないことが多いので、細かいお金(できればペソ)を事前に準備しておきましょう。

 

 

 

ホテルに待機しているタクシーは料金表を持っていることが多いです。

 

 

 

・・・・・・・・

 

追記:実はこの記事を書くにあたりカンクンのタクシー組合について調べていたのですが、タクシーにはメーターはないのですが、Webサイトから料金を出せるものがありました。

 

少し分かり辛そうですが参考までに。

 

余計なタクシー情報

以上がカンクンのタクシー基本情報です。

これから先は、余計な(笑)タクシー情報ですので、興味のある方だけどうぞ。

 

 

カンクンに移住してタクシーを見て、こんなタクシーは日本じゃありえないというタクシーをたくさん見ます。

 

 

・お客が助手席に乗るのが普通。

日本だとお客さんが後部座席に乗り切れない場合だけ助手席に乗るかと思いますが、こちらはひとりで乗ってくるお客さんが、颯爽と助手席に座ってドライバーととなり同士によくなってます。

 

 

・あれ?いつの間にか相乗り?!

すでにお客さんを乗せてるのに、途中で他のお客さんを見つけると行き先を聞いて、同じ方向だと拾って乗せます。同じ方角でも同じ道ではないので、最初に乗ってるのに、後から来たお客さんのほうが近い場所だと先にそっちに回るので自分が目的地にいつ着くか予測できず、私はこれが大っ嫌いでした(相乗り断ってました)。笑

 

 

 

・え?あれ?あれれ?ドライバーの連れ?!

上のようなことがあるので、ドライバーの隣に先客がいてドライバーとそのお客さんがおしゃべりしていたとしても普通なのですが、会話を聞いてると、あれ?初対面じゃなさそう!

あれ?奥さん連れてる!?いや、奥さんじゃないかもしれない?彼女?いや、・・愛人?っぽいバージョンも見ました。笑

あとは自分の子供助手席に乗せてたり。私が見たときはこどもが(たぶん兄弟)ふたり助手席に乗ってました。笑

 

 

・ドアを開けると違う色。

上で書いたようにカンクンのタクシーは白の車体に緑のラインがそうですが、ドアを開けると、あれ?この車、元は赤だったな、とかドアの内側が違う色になってることが多いです。タクシーにするために塗ったんでしょうね。

 

 

 

・タクシーはセルフカスタマイズ★

組合でタクシーの表の基本色は決まってますがそれ以外はかなり自由なようで、みなさん好きなようにカスタマイズしています。色んな小物が飾られてたり、我が子のファーストシューズ(赤ちゃんが最初にはく、小さな小さな靴)をバックミラーにかけてる車もかなり見ます。意味を聞いたことがありますが、聞いたドライバーは誰も知りませんでした。笑 単なる思い出かな? あとは、神様を飾ったり、車体にカッティングボードでデカデカと奥さんやら子供の名前をカッティングして貼っている!

 

 

 

今ではもう普通すぎて気にも留めなくなりましたが・・。笑

 

 

 

※しかし、こういったタクシーは市内を走っているタクシーです。

ホテルゾーンで乗るタクシー(特にホテルの待機タクシー)はきちんとしているのがほとんどなので、ご安心を♪