カンクンの物価

気になるカンクンの物価について、2017年現在のカンクンの物価を見てみましょう。

 

 

一概に「高い・安い」とは決めれないのでいくつかの視点で見てみました。

 

 

旅先の物価の高い・安いはあなたの稼ぐ貨幣による

 

 

旅先の物価の高い・安いはあなたの持ってる貨幣の種類によって見方が変わってくると思います。

日本円、アメリカドル、ユーロで稼いていらっしゃる方は朗報です。

 

 

 

日本円、アメリカドルをお持ちのあなた

 

 

日本からカンクンへ来る方はほとんどアメリカドルでお持ちになると思うので、日本円、アメリカドルまとめて一緒に書いていきます。

 

 

日本円、アメリカドルでカンクンの物価をお考えのあなたにとっては、カンクンはとてもリーズナブルに過ごせるビーチリゾートです!

 

 

下でまた書きますが、カンクンはメキシコ国内でみると物価は高いほうです。

交通費、家賃、食費代はメキシコのよその地方に比べると高いので、よその地方、例えば、メキシコシティやチアパス、オアハカも周ってくる方からすれば少々高く感じるかもしれません。

 

 

 

が、日本と比べると断然安いです。

 

 

 

ひと昔は、

 

1ドル≒10ペソ

 

 

だったのが、今は

 

1ドル≒20ペソ

 

 

簡単に考えると、

 

メキシコで食べる、1皿100ペソのお料理が、少し前は1000円くらいだったのが今では半額の500円くらいで食べられるということです。(注 どんぶり勘定です)

 

 

 

なので、日本円やアメリカドルで稼いでるかたにとっては本当に安く過ごせる国です。

 

(逆にいうと、メキシコに住んでペソで稼いでる者にとっては、海外旅行や海外でのショッピングが痛くなりました。約2倍ですからね・・。メキシコ国内で買えるアメリカからの輸入品もうんと値上がりしました・・)

 

 

 

海外からのメキシコの旅行は今は行きどきです!!

 

 

 

 

カンクンは日本でいう東京と沖縄があわさったようなもの。そう考えるとカンクンの物価は?

 

カンクンの物価はメキシコ国内でみると高い部類に入るでしょう。

 

メキシコ国内のよその地方の人からみると「カンクン=自分の地方より物価が高い」は常識なようです。

 

同じく、「カンクン=仕事がある」というので、メキシコ国内からたくさんの人が仕事を求めてやってきます。

 

日本でも、「地方より東京のほうが仕事がある」「地方より東京のほうが物価が高い」というのと同じですね。

 

(※メキシコでいう東京は首都のメキシコシティになりますが、この場合メキシコシティのほうが物価が安いです。)

 

 

カンクンがメキシコ国内でも物価が高い部類に入る理由が、「ビーチリゾート地」という理由以外に、「農作物が採れない」が関係するかと思います。

 

 

カンクンを含むユカタン半島は元々海底に沈んでいた半島で、大昔隕石が落ちて浮き上がった土地です。

また石灰を多く含んでいるので、ユカタン半島はジャングルに覆われた自然豊かな土地ではありますが農作物も栽培するのには向いていないそうです。

 

 

なので、「農作物が採れない=よその地方から運んでくる=コストがかかる=商品上乗せ」の図ができるのですね。

 

 

また、カンクン周辺の島(イスラムへーレス、コスメル島)もカンクンよりのんびりしていますが、カンクンより若干物価が高かったりします。

 

沖縄や沖縄諸島でも、よそから入ってくる商品の物価は意外に高かったりしますよね。

 

 

 

 

 

そういう点で考えると、

 

カンクン=東京(仕事がある、物価が高い)

カンクン=沖縄(ビーチリゾート地)

 

 

カンクンは東京と沖縄が合わさった感覚かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

そしてここ数年でもどんどん上がっています。

 

カンクン在住14年目の筆者の目線(主婦目線 笑)でみると、

 

例えば、

 

牛乳1ℓパック、数年前は10ペソくらいで買えたのが、今は最低価格で15ペソ。日本感覚でいうと50円アップ。

 

スーパーに入ってる100円ショップ的なお店が、それこそ10ペソから始まったのが、13ペソ、15ペソ、とどんどん値上がりし、2017年3月現在は18ペソになりました。。約80円アップした感覚です。

 

日本の100円ショップが、あれよあれよという間に100円ショップじゃなくなって平気で180円ショップになったようなものです。笑

 

消費税くらいしか上がらない、日本の100円ショップの企業努力を見習ってほしいものです・・・。

(あ、メキシコの100円ショップ的なお店の規模や商品数は全然日本の100円ショップに及びませんが・・)

 

 

また最近問題になっているのがガソリンの値上げ。

えげつないガソリンの値上げによって、国民の怒りをかっています。

 

 

 

私も昔知ったときはビックリしましたが、

メキシコ、自国で石油がとれるんですよーーーーー!!!

石油がとれると言えば、てっきり「アラブの石油王」といわれるくらい、中東でしかとれないと思いきや、メキシコ、自国で賄えるんですよーーーー!!

 

 

なのに、アメリカよりメキシコのほうがガソリン代高かったりします・・。それをアメリカより安月給のメキシコ国民が払ってるというという・・。そりゃ、国民の怒りは爆発しますね。

 

 

 

 

話が逸れてしまいましたが、「カンクンの物価」についていかがでしたでしょうか?

 

 

ちなみにこんなカンクンですが、私はカンクン暮らし気に入っています。

 

 

美しいカリブ海を見るとプライスオフですよ!

 

 

 

みなさんも心奪われに来てくださいね♪