覚えておきたいトイレの表示

海外旅行に行くときに最低限覚えておきたい現地の言葉ははなんだかんだ言っても「トイレ」ですよね。

 

 

メキシコはスペイン語の国。

なかなか馴染みがありませんよね?

 

 

 

カンクンで暮らし始めて、まだスペイン語がままならないときに、

「メキシコのトイレの入口が不親切でどっちがどっちだか分からない!!」

という思いをしたので、みなさんのお役に立てればと思います

まずスペイン語でトイレは「Baño(バニョ)」といいます。

 

 

ときどき「 Sanitario(サニタリオ)」と書いてありますが、「トイレはどこですか」と尋ねるとき、ほとんどのシチュエーションでも「Baño」だけ覚えればだいじょうぶです。

 

 

 

トイレの表示

トイレの表示がこのように世界共通のものなら全く問題ないのですが・・・

ときどきこのマークがなく、「男性」と「女性」とだけ書かれたものもあります。。

 

 

 

しかも2通り言い方があり、私も最初慣れるまではどっちがどっちか分からずハラハラしました。

 

 

 

 

Hombre(男性) / Mujer(女性)

Caballero(紳士) / Dama(淑女)

 

 

またまた、この頭文字を取っただけの表示も多々見ます。

 

 

意味が分からないと、どっちに入っていいか全然分かりませんよね・・。汗

(しかも赤や青といったカラー分けもされていない・・)

H|M

C|D


まとめると

 

・Mujerムヘール(女性)

・Damaダマ(淑女)

・M(女性Mujerの頭文字)

・D(淑女Damaの頭文字)

・Hombreオンブレ(男性)

・Caballeroカバジェロ(紳士)

・H(Hombreの頭文字)

・C(Caballeroの頭文字)

メキシコで役立つスペイン語会話帳ならこれ1冊で十分

「トイレ」以外のスペイン語を覚えたい方にはこれ!

この旅の指さし会話帳「メキシコ」は本当におすすめです。

 

私はスペイン語ができないままメキシコに移住したときこの本を偶然持ってきましたが、

本当に役に立ちました。

 

どの海外旅行会話帳より、「指さし会話帳」が分かりやすく、すぐに実践できます。

その国の独特のいいまわしも面白いし、イラストも可愛くて、現地の人に見せると盛り上がります!

 

 

メキシコはスペイン語だけど、

メキシコ旅行には「スペイン」ではなく必ず「メキシコ」を選んでね!

 

スペインのスペイン語と、メキシコのスペイン語が言い回しが全く違います。

 

 

本で持っていくならここ↓

電子BOOK派はこちら↓

その他カンクン旅行におすすめ商品

カリブ海に映えるとってもかわいいビキニやワンピース、体型カバーには見えない水着をたくさんみつけました!

大人気のフラッシュTATOOもキッズガールの水着もとーーっても可愛い♡


関連記事